「もったいない精神」が強すぎると・・・

近年、大きな社会問題となっている
「ゴミ屋敷」
ニュースや新聞などでその言葉を耳に
したことがある人も多いのではないでしょうか。
ゴミ屋敷とは、家の中だけではなく家の外まで
ゴミがたくさん溢れている家のことを指します。

ゴミを溜め込んでしまう原因の一つに、
「もったいない精神が強すぎること」が挙げられています。

特に戦後、物資にあまり恵まれていない時代に育った人は、
ものを捨てることに対し、大きな抵抗を抱くことが多いです。
「これはまだ使えるんじゃないか」
「捨てるなんてもったいない」
そう考えて、どんどんものを溜めていってしまうという
傾向があります。
エコなどの観点からみれば素晴らしいことなのですが、
ゴミ屋敷につながってしまう原因にもなり・・・
その精神は「ほどほど」にした方が良さそうです。
これはもういらないんじゃないか
そう思ったら、迷わず捨ててしまいましょう。
ゴミがたくさん溜まって、
後々それが原因で近隣の方とトラブルを起こさないためにも・・・

以上、ゴミ屋敷についてと、
その原因についての説明を終わります。
家にゴミが溜まっているという方は、
ぜひ参考にしてみて下さい。
最後までご覧下さり、どうもありがとうございました。