曾祖母の写真を復元しました。

私の祖母の母
(つまり曾祖母)の写真を、
カラー復元したものが自宅へ届きました。

曾祖母は、祖母が10歳の時に病気でこの世を
去りました。
祖母の父はすぐに新しい女性と再婚し、祖母は
自宅でも身の置き場がなかったそうです。
新しい母がいる手前、本当の母の私物を
持っておくわけにもいかず・・・
親戚が、大半のものを処分しました。
だけど、祖母は「大事な母のことを片時も忘れたくない」
そう言って、一枚だけモノクロの写真を持ち歩いていたそうです。

その写真は、何十年も持ち歩いていたので、
すっかり色褪せていて染みもあり、
「復元は難しいのではないか」と祖母も
私たち家族も諦めていました。
ところが、カラー復元を頼んでみてビックリ。
元あった写真より、綺麗でリアルな
(本当に目の前にいるんじゃないかと思う位)
写真を目にすることができました。
目も鼻も、口も、表情も若かりし頃祖母の
顔とそっくりで
祖母は涙を流して喜んでいました。

仕事柄、こういった大事なもの
を扱うことが多くございます。
今回の件を通して、いま一度自身に任せられている
仕事の責任の重さというのを痛感致しました。
祖母の笑顔を見ることができ、又自身の行っている
仕事について振り返る良い機会となりました。
思い切ってカラー復元を依頼してみて良かったです。
以上、近況報告でした。