テレビアニメの時間帯に変化が

時代の流れでテレビ番組の枠にも変化が見られました。夜の7時から10時の時間帯は、職場や学校帰りの時間帯でり、家族が団欒になる時間帯とのことでゴールデンタイムと言われていました。最近は労働環境の変化、共働き家庭の増加、子供の塾通い、そしてスマホやインターネットの発達によりライフスタイルや価値観が多様化になりました。かつての家族団らんという時間帯に大きな変化が見られました。

最近の状況をありのままに報じられたニュースがありました。
”民法アニメ枠の時間帯に大きな変化が、ゴールデンタイムのアニメが消滅か”
一見してアニメそのものが斜陽化したことではなく、むしろアニメの人気は高く、番組としても増加傾向にあります。子供から大人まで楽しむことができるアニメ番組が増え、時間帯は深夜若しくは週末に集中しております。確かに新聞のテレビ欄を見てもなるほどだなと感じます。

今でもゴールデンタイムで唯一残っているアニメがあります。これは金曜日7時に放送される「ドラえもん」そして7時半に放送される「クレヨンしんちゃん」です。昔から続く老舗的なアニメで今でも人気が高いです。ゴールデンタイムのアニメ番組として最後の砦もあり、このまま続くのか、時代の流れに押されて深夜か週末の朝に移るのか・・・・。