バッハ 生誕333年

バッハといえば学校の音楽の授業などでおなじみ、モーツァルト、ベートーヴェンと並ぶクラシック音楽の代表的な作曲家、レパートリーの多さから一般にも広く親しまれております。皆様も一度はバッハの作品を耳にされた事も耳にされた事はあると思われます。今年2018年は何とバッハ生誕333年です。バッハは「音楽の父」とも言われ、管弦楽作品、室内楽作品、器楽作品、声楽作品など生涯1080曲もの作品を残されました。
バッハの遺志は後世にも引き継がれ、様々な作曲家による様々な名作が生まれ、クラシック音楽以外でもバッハをモチーフにした作品を多くまれました。333円以上経った今でもバッハの作品は忘れ去られることなく研究され、みなさまに親しまれております。
音楽といえば芸術、みなさま秋の夜長にクラシック音楽に親しまれてはいかがでしょうか。クラシック音楽といえばかつては小難しいで敷居の高い存在でしたが今はインターネットなどでも手軽に楽しめます。