キノコ狩りは違法

記録的な大雨により今年は例年より増してキノコ類が豊作となりました。シーズンも終盤と成るこの候でも近くの野山へキノコ狩りに行かれる方は多いことでしょう。
山といえども当然所有者は存在するものであり、国有・公有のものであれば私有のものもあり、所有者のない山は存在しません。従い山自体は勿論、そこの山にあるものも当然山の所有者のものであります。勝手に取る事は許されることでありません。ただキノコは所有者が養殖したものは除き、大半のものは自然発生するものですのです。この考えから通常の窃盗罪より軽い「森林窃盗罪」に該当しますが、「窃盗」には変わりありません。
わだかまりを起こさないためにもキノコ狩りは一言山の所有者に許可を得てから気持ちよくしたいものです。