新型コロナウイルスの影響で倒産件数900件に

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた企業の倒産件数が全国で900件に達した。900件の負債総額は3618億9000万円で、負債1億円未満の小規模倒産が471件を占めている。

新型コロナウイルス関連での倒産第1号となった(株)北海道三富屋(北海道栗山町、コロッケ製造販売、2020年2月25日に破産手続き開始決定)が確認されたのが2月26日、以降累計件数は4月27日に100件、9月8日500件、11月13日に700件、12月800件と大幅に推移して、倒産1号確認から327日後の1月18日に900件を確認した。

倒産発生月別にみると、12月が119件と最多で、1月18日正午で14件が確認されている。1月15日にはには製紙業の(株)大興製紙(静岡県富士市)が東京地裁に会社更生法の適用を申請しました。負債総額は140憶800万円で、新型コロナウイルス感染症関連での倒産規模4番目の大きさとなっている。

業種別では「飲食業」都道府県別では「東京都」の倒産件数が増加

都道府県別での倒産件数は、東京都(222件)、大阪府(83件)、神奈川県(49件)、静岡県(44件)、兵庫県(41件)、愛知県(31件)となり、倒産は47都道府県すべてで発生しており、東京都と大阪府で全体の33.9%を占めている。

業種別では飲食店の141件が最も多く、全体の15.7%を占めており、続いて、ホテル・旅館、建設・工事業(各72件)アパレル小売店(54件)食品卸業(46件)と続いている。

新型コロナウイルス感染症の関連倒産は、新型コロナウイルスが倒産の原因となった事を当事者もしくは代理人が認め、法的整理または事業停止となったケースを対象としており、個人事業主、及び負債額1000万円未満も含めているほか、事業停止後に法的整理に移行した場合、法的整理日を発生日としてカウントしています。

コロナ不況はいつまで続くのでしょうか・・・