人気漫画「進撃の巨人」完結

人気漫画「進撃の巨人」が4月9日の別冊少年マガジン(講談社)で最終回を迎えた。2009年9月の連載スタートから約11年半の歴史に幕を下ろしたことになる。コミックス最終巻34巻は特装版を含め6月9日に発売されることが決定されている。

別冊少年マガジンの創刊号から連載がスタートした「進撃の巨人」の完結に編集部は「長らく応援くださった読者の皆様へ、本当にありがとうございました」と読者に感謝するコメントを発表した。

また、かねてよりクライマックスが銘打たれてはいたものの、正式に完結が発表されたのは今年1月で、その際は作者である練山創氏は「決して編集部に引き伸ばされたわけでもなく、むしろ、いつ終わるのかと急かされ続けた晩年でした」と編集部の引き延ばし説を否定したうえ、「今まで読んで下さったと思っていただけるように最終回に向けて頑張ります」と読者に呼びかけた。

なお、別冊少年マガジン5月号では最終回を記念して様々な企画を実施、最終回と合わせてフルカラー掲載第3弾となる練山創氏セレクト話「第69話 友人」を掲載、付録には表紙イラストを使用した特性クリアファイル、さらに最終全話をつかったポストカード51枚と練山創氏からのコメント付き感謝状合計52枚がセットになった「特製ポストカードセット」を応募者全員にプレゼント。

その他、キャラクター人気投票の開催、次号6月号では練山創氏の特別インタビューやエピソード総選挙第2位のフルカラー版掲載などを実施していく。6月9日発売の最終34巻特装版は13話&最終話のネームなどを収録した小冊子付となっている。

進撃の巨人は、人を捕食する巨人が全てを支配する世界を舞台に巨大な城壁を築きその中で怯えて暮らす人類が、巨人を相手に絶望的な戦いを強いられる物語、巨人と戦う「調査兵団」に所属し、外界に憧れる主人公エレン、クールな戦闘美少女ミカサ、頭脳派アルミンの3人を中心にストーリーが展開されていくダークファンタジーとなっている。

2019年にコミックスの累計部数が全世界で1億部を突破する程の世界中で愛された作品で、2011年に、このマンガがすごい!2011、第1位、全国書店員が選んだおすすめコミック2011、第1位など、数々の漫画賞を受賞、2013年よりテレビアニメシリーズがスタートし、2020年12月よりNHK総合テレビにて最終話の放送が開始。

2015年には三浦春馬さん主演で実写化もされ、ハリウッドでの実写映画化の製作も発表されている。