ワクチン大規模接種に高齢者から応募殺到

新型コロナウイルスワクチンの自衛隊大規模接種センターの東京海上の予約に、横浜市の高齢者が一気に多数応募していたことが明らかとなった。

約50分間で7160回分、その時点でワクチン接種の予約可能だった半分を抑えた計算となる。防衛省が5月31日の夜に発表したのは、東京会場での市区町村別の予約数は5月31日~6月6日までの接種分、ワクチン接種の予約は東京都内の高齢者を対象に5月24日から始まっているが、7万回分の予約枠は埋まらず、5月28日の午前11時から、埼玉、千葉、神奈川の3県にも対象を拡大した。

すると、約50分間で予約枠はいっぱいに、この時点で予約可能だったのは約1万4500回分だった。予約が埋まってから約50分後に再集計した結果、横浜市はキャンセル待ちなどでさらに伸びて7230回分に、5月24日の予約開始時からの数字を加えても板橋区や大田区を上回り最多だった。